• ※四谷大塚 NET 東岡崎駅前校のみの実績です。
  • ※合格数ではなく、進学数です。
  • ※受験をした全ての生徒の進学先です。
  • ※講習生やテスト会員は含めていません。
  • ※四谷大塚 NET 東岡崎駅前校では、中学受験をしない生徒は6年生の9月より、東進中学 NET において、中学内容の先取り学習を行っています。
  • ※「その他」は県外の中学への進学者や公立進学者などを表しています。

合格者と保護者の声

東海中学 合格者の声 東海中学 合格者の声

僕が塾に通い始めたのは、二年生の後半でした。最初は、中学受験は考えていなかったけど、塾で授業をうけるうちに、難しい問題が解けた時の嬉しさや勉強することの楽しさに気づき、今よりもっとたくさんのことを学びたいと強く思うようになりました。山のようにある宿題、毎週末あるテストに押しつぶされそうになったこともありました。また、学校の部活も六年生の十月半ばまであったので、部活と受験勉強の両立が大変でした。でも、自分で受験すると決めたので、自分に与えられた時間の中で集中して勉強して勉強をしました。
特に力をいれたのが、テストの間違い直しです。間違い直しノートを作り、一度間違えた問題は二度と間違えないつもりで取り組みました。四年間で作ったノートの数は十五冊にもなりました。また、算数は、わかったつもりになっていないか、本当に理解しているのかを確認するために、テストの翌日には必ず、父に間違えた問題の解説をしました。このことが、どんな問題も解くことができるという自信につながったと思います。
そして迎えた受験の日。はじめは緊張しましたが、先生の「誰よりも努力していることを先生は知っているから大丈夫」という言葉を思い出し、落ち着いて受験に望むことができました。僕の横で、僕よりも泣いて喜んでいる母の姿を見て、受験は自分一人で戦ってきたんじゃない。先生や両親の応援や支えがあったから、合格することができたんだと改めて思いました。受験を支えてくれた全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

東海中学 合格者の声 母親の声

二年生からの約四年間、数え切れないほどのテキスト量、テスト回数をこなしてきました。遊びたいざかりの小学生には大変な試練だったかと思いますが、息子は塾が大好きで一度も行きたくないと言ったことはありませんでした。テストの結果と息子の気持ちがかみ合わず悩んだ時期もありましたが、先生方の個別の対応やきめ細かいサポートもあり、中学受験を最後まで全力で走りぬくことができました。
学ぶことの楽しさ、目標に向かって努力することの大切さ、最後まであきらめない強い心。勉強以外にもたくさんのことを学ばせていただきました。中学受験はゴールではありません。夢への最初の通過点です。ここで培った経験を活かせば、きっと今後直面する様々な困難も乗り越えていけるでしょう。
最後に、中学受験という同じ志を持った仲間と一緒に学べたこと、そして、いつも熱心に指導してくださった先生方に出会えたことに感謝しております。本当にありがとうございました。

東海中学 合格者の声 南山女子中学 合格者の声

私が塾に通い始めたのは小学3年の夏です。そのころはあまり受験に関心がありませんでした。学年が上がり難しいことを勉強するようになると、だんだん意識するようになってきました。そして南山中学校の文化祭を見に行った時、「この学校に入りたい!」という思いが強くなり、必死に勉強するようになりました。間違えた問題は何度も何度も解き直しました。わからない問題は分かるまで先生に質問しました。でも、6年になり、成績が落ちたり思うように点が取れない時は、「こんなに勉強しているのにどうして点が取れないのだろう。」と、やめたくなる時もありました。でも成績が上がらない私を一生懸命応援してくれるお母さんや先生を思い出すと、「自分のためだけじゃなく、みんなのためにも合格するんだ!」と思え、最後まで頑張ることができました。そしてその努力が実って、私はあこがれの南山中学校女子部に合格しました。この合格は今まで私を支えてくれた先生や家族みんなのおかげだと思います。これからも私を支えてくれる人達に感謝しながら、夢に向かって全力で頑張っていきたいと思います。

東海中学 合格者の声 母親の声

娘が初めて塾に足を運んだのが3年の夏期講習。そこから約三年半、思い返せばいろいろな思いがよみがえってきます。毎週ある週テストや5週に一度の組分けテスト、合不合テストと、数えきれないほどのテストを受けてきました。気の休まる日は1日もなく、こなしてもこなしても終わらないカリキュラムに、この先娘がやっていけるんだろうかと不安になることもありました。遊ぶ時間も大好きなピアノの時間も削って、誰にも負けないほどの問題数をこなしてきたのに、結果に表れず涙する娘を見てきました。悔しくてつらい思いもたくさん経験したと思います。それでも今まで続けてこられたのは、南山中学に入りたいという強い思いと、娘が塾を大好きだったからです。帰りの車の中ではいつも楽しそうに塾友や先生方の話をしてくれました。同じ志を持ちお互いに切磋琢磨し合える仲間がたくさんいたことは、娘にとってとても幸運だったと思います。そして先生方にもとても感謝しています。娘は先生にたくさん褒めて伸ばしていただきました。いつも娘の頑張りを認めて下さいました。親の私が褒めるより、信頼している先生方に褒められる方が何十倍も嬉しいようでした。憧れの南山中の入試の前日はとても緊張していた娘。先生から「お前たちは先生の自慢の生徒だ。自信を持て。」と声をかけていただき、娘の顔つきが変わりました。そして持てる力を十分に発揮できたのではないかと思います。本当にありがとうございました。